中学生~高校生が身長を伸ばす方法まとめ

中学生の男の子と女の子が身長を比べている身長を伸ばすにはどうすればいいのか?

誰もが一度は考えたことがあると思いますが、実は今では身長が伸びる仕組みというのがほぼわかっています。遺伝の影響ももちろん関係ありますが、遺伝だけで身長が決まるわけではありません。

遺伝である程度の予測される身長がわかります。そこから生活環境でどれぐらい身長の伸びがプラスできるかが最終的な身長になるのです。

最終的な身長 = 遺伝での予測身長 + α

私はすでに成長期が終わって成人してしまったので、身長を伸ばすことができませんが成長期にこの方法をしっていたらと残念でなりません。今身長を伸ばしたいと思っている成長期のあなたや、子供の身長をもっと伸ばしてあげたいと思っているお父さんやお母さんは是非実践してみてください。

身長はいつまで伸びる?

身長が伸びるのは、成長期の間です。

成長期は、個人差がありますがおおむね

男性 – 16~19歳ぐらいまで
女性 – 15~17歳ぐらいまで

といわれています。

成長期が終わると通常は身長が伸びなくなりますので、いかに成長期が終わるまでに身長を伸ばすかが勝負になってきます。成長期は、思春期の到来で後どれぐらいあるかわかります。

思春期とは、男子で声変わりやヒゲ、精通があり、女子は初潮をむかえる時期です。一般的に早いと男子が11歳ぐらいから、女子は10歳ぐらいから始まります。

身長が最も伸びるのは、思春期の後半2年間といわれており、その時期はほとんどの人がなにもせずとも新著がグングン伸び時期です。

身長を伸ばすには、この思春期が来る前にどれだけ伸ばしておくかが大切です。ただし、思春期が来てしまっていてもあきらめる必要はありません。身長が伸びる仕組みさえ知っておけばプラスαで伸ばせる可能性もあるからです。

身長を伸ばす方法の基本

身長は、成長期にバランスのよい食事、十分な睡眠、適度な運動でよく伸びることがわかっています。ここで大切なのは、バランスよく、適度にということです。成長を促す栄養素はありますが、極端にそれだけ食べてもいけません。

運動が大切といっても、毎日激しすぎる運動は逆効果です。規則正しい生活で毎日バランスよく食事をする、その上で背が伸びるのにいい栄養素を加えていくのが最も効率のいい背の伸ばし方です。

身長を伸ばすのに大切な3つのポイント

  • バランスのよい食事
  • 十分の睡眠
  • 適度な運動

身長を伸ばす食事

身長を伸ばすのに、一番重要な栄養素はタンパク質です。タンパク質は、骨や皮膚をつくり、成長ホルモンの分泌を促します。その他、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどが成長には重要な栄養素ですが、これらは単体で摂るのではなく食事の中でバランスよく摂ることが大切です。

特にタンパク質は、肉類に多く含まれますがカロリーも高いので大豆などの植物性タンパク質、肉であるなら脂肪の少ない赤身、鳥のムネ肉やささみなどを中心にした方がよいでしょう。

とはいっても、なかなかバランスのよい食事をいつも摂ることは難しいのではないかと思います。そんなときはサプリメントに頼ることも必要。

身長によいサプリメントについては以下で解説します。
身長によいサプリはある?

身長を伸ばす運動

身長を伸ばすには、運動も大切です。身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌が必須ですが、成長ホルモンは、運動中や運動後にも分泌されることが知られています。

また、運動には食欲を促し栄養素を十分に摂ることや、疲れて熟睡し睡眠によって成長ホルモンを促進させるという点でも重要な役割を果たします。

しかし、あまり激しすぎる運動は勧められません。激しすぎるというのは、疲れすぎて食欲がなくなるほどの運動です。そこまでの運動をするのは過剰で成長にはなんらプラスになりません。

身長を伸ばすのに適している運動は、特にありません。バスケットやバレーなど縦に伸びる運動がいいという説もありますが、小学生ぐらいであれば日常的な遊びで十分です。無理に背を伸ばすためだけの運動では続きません。自分の興味がもてる楽しいことをするのが一番長く続き、成長にいいということです。

0175891c2e524af8e67dc73f48a98d9c_s

身長を伸ばす睡眠

身長を伸ばすために重要なことに良質な睡眠があります。質の良いな睡眠とは、睡眠時間というよりも熟睡ができているかどうかがポイントです。

質の良い睡眠をとると成長ホルモンが分泌され身長が伸びやすくなります。成長ホルモンが分泌されやすい時間は夜の22時から朝の2時まなので、寝る時間はとても大事です。

塾や受験勉強などで毎日のように夜更かしをすると成長ホルモンを分泌する大切な時間を逃してしまいます。できれば夜9時まで、遅くとも10時には寝る習慣をつけましょう。

また質の良い睡眠をとるために、寝る直前に何か食べる、電気をつけたまま寝る、周囲が騒がしいところで寝る、など寝つきを悪くすることはできるだけ控えた方がいいでしょう。

その他の身長を伸ばすのに重要なこと

食事、睡眠、運動に気をつければ身長は確実に伸びるでしょうか?

relaxation-391656_640

いいえ、まだ大切なことがあります。それは、心身の健康です。家庭環境が悪く両親がいつもケンカばかり、受験で勉強がうまくはかどっていない、もちろんなんらかの問題は誰にでもあり、成長のために必要です。

しかし、強すぎるストレスは精神状態が不安定になり、成長ホルモンの分泌が減るので身長の伸びにも悪影響を及ぼします。身長を伸ばすにはストレスをなるべく抱えずに、穏やかな心でいることが重要です。

身長を伸ばすためにしてはいけないこと

では次に身長を伸ばすためによくないことを紹介します。基本的には、身長を伸ばすためのことと反対のことです。これらのことは身長の伸びだけではなく成長期の健康にもよくありません。できるだけ避けることが望ましいでしょう。

肥満

成長には栄養が必要ですが、多すぎて肥満になると逆に身長の伸びを悪くします。部活などで運動を毎日のようにすると多く食べても肥満にはなりませんので、よく動きよく食べることが大切です。

ダイエット

成長期にダイエットすると栄養の偏りが心配です。成長には栄養素が絶対に必要なので、食事でダイエットするのではなく、運動でカロリーを消費するようにしてください。

強いストレス

精神的に強いストレスを受けると成長ホルモンの分泌が減ります。家庭や学校で強いストレスを受けないように、また問題を早めに解決することが成長につながります。

激しすぎる運動や筋トレ

身長を伸ばすには適度な運動が必要ですが、激しすぎる運動や筋トレなどは
逆に成長を阻害してしまいます。 筋トレは、なるべく成長期が終わってからはじめるようにしましょう。

夜更かし

上で説明したとおり、成長ホルモンが分泌される時間は夜の10時から朝の2時までです。一番成長ホルモンが分泌される時間に起きていては身長の伸び率が悪くなってしまいます。

塾や勉強で夜まで起きていなければという人は、できるだけ朝起きて勉強するか、
もっと早い時間に終わらせましょう。

ジュースなどの砂糖が入った飲み物を飲む

糖質を多く摂った子供はそうでないこどもより身長が低くなるという研究結果があります。こどもにジュースを与えすぎると、成長ホルモンの分泌が悪くなるのでなるべくジュースは飲まないようにしましょう。